スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック御願いします→FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これが、パス・トゥ・グラン?! 

20061203150054.jpg
ブルゴーニュ・パス・トゥ・グラン 2002 ミシェル・ラファルジュ

軽・・●・重

艶のある澄んだルビー色。
淡い色合いですが、香りはかなり充実している。
イチゴ・ラズベリーなどのチャーミングな香りに
なめし革やオリエンタルなお茶っぽさ、きのこの湿ったようなムンムン香が
入り混じりかなり複雑。

いまだかつてこんなに豊かな香りを持った
パストゥ・グランに出会った事がなかった。
香りだけで飲む前から期待感が膨らむ。

果実味は程々だが、意外とこのクラスのワインとは感じさせない程の
しっかりとした酸味・タンニンが口の中を引き締める。
しかもイヤな酸味・タンニンではなく時間が経てばあきらかに今より
旨味が前面にでてきてジューシーで美味しくなる事が容易に想像できる
ワインだ。

ちょっとした熟成感もあり、今まで飲んだ事のあるパストゥ・グランでは
ガメイのニュアンスを強く感じるモノばかりだったが、このワインは
ピノ・ノワール主体では
と感じさせる香り・味わいの構成がとても魅力的だ。

正直今まで飲んだ事のある
パストゥ・グランの中で、一番美味しい。

パストゥ・グランの中で最も評価が高いのも納得できる味わいでした。

ミシェル・ラファルジュのワインを探す
クリック御願いします→FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ   バキュバンなしで、2日ほど放置していたのだが
とても美味しく楽しめました。
スポンサーサイト
[ 2006/12/03 15:20 ] ワイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pandawine.blog16.fc2.com/tb.php/91-78a063f1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。