スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック御願いします→FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コショウの唄という意味だそうです 

20061031091835.jpg
カント・ペブル 2000 ポール・ルイ・ウジェンヌ
軽・・●・重

いいワインなんだろうけど、マスコミなどが
騒ぎすぎてて適正価格ではないワインって多いですよね。
このワインも含め、ポール・ルイ・ウジェンヌのワインは個人的に
この類だと思っていたので興味はあったのだがなかなか手が出なかった。
だが、今回キャップシール・エチケットエラーという事で
妥協できる値段だったので購入してみる事にした。

何時ものように、テイスティング・グラスを
使用し抜栓し冷蔵庫に30分程入れて置いた。


ポール・ルイ・ウジェンヌのワインを探す


クリック御願いします→FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ  


 グラスに注ぐと、ちょっと冷えすぎたのかあまり香らない。
しばらく放置する事にした。
深みのあるルビー色に、黒系果実、ドライフルーツ(プルーンなど)
スパイシーな黒・白コショウの香りそしてバルサミコのような香りが凝縮している。

 口に含むと、これがカリニャンのみで造られているのかと思う程
濃くしっかりとした味わい。それでいて、柔らかいタンニンが印象的だ。

美味しいとは思う・・・・だけど、国内で流通している値段は
やはり高いのではないだろうか?
スポンサーサイト
[ 2006/10/31 09:28 ] ワイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pandawine.blog16.fc2.com/tb.php/86-3fe9a621


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。