スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック御願いします→FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドメーヌ・デ・トゥールを飲んで 

20061006134403.jpg
ヴォークリューズ 2002 ドメーヌ・デ・トゥール
軽・・●・重
取扱店は・・・・・・・・?なのだが、この値段でレイノーのワインが
飲めるならと思い購入してみる事にした。

シャトーラヤスの当主エマニュエル・レイノーが造るヴァン・ド・ペイ。
抜栓後、すぐテイスティング・グラスに注ぐ。
色はまるでロゼの様。この地域のワインを考えるとかなり薄い。
香りは、黒系果実にスパイスのニュアンスが、入り混じる。
口に含むと、果実味の豊かなワインだ。色合いからは想像できない。
購入金額の事を、考えるとすごく得した気分になるワインだ。
ちなみにセパージュは、グルナッシュ 60%、サンソー 20%
           クーノワーズ 10%、ディヴィエール 10%
クリック御願いします→FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ   2日目
まだまだ、ダレルことなく凛としている。
初日より色が濃く感じられ味わいにもこなれた感じがでてきた。
口に含むと、柔らかい甘さが口中一杯に広がる。
ますます美味しくなってきた。

3日目
若干タンニンが目立ってはきたが、果実味の凝縮感があり
美味しく楽しめる。
これで、ヴァン・ド・ペイなのだからこのワインには驚かされる。
もう1本購入しておいてよかった。

※3日間、バキュバンはしていません。


シャート・デ・トゥールのワインを探す


スポンサーサイト
[ 2006/10/06 14:00 ] ワイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pandawine.blog16.fc2.com/tb.php/85-3d562fd9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。