スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック御願いします→FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これ、なんだ? 

マス・デ・シメール [2002] キュヴェ・マリー・エ・ジョセフマス・デ・シメール2002 キュヴェ・マリー・エ・ジョセフ
軽・・●・重
昨夜21時25分に抜栓
10分経過後、AOCテイスティンググラスへ注ぐ。

ルージュ:「アルコール臭が強いなぁ」(以下略ル)
ブラン :「香りが濃い、それになんか埃っぽい」(以下略ブ)
   ブ:「これ、なんだ?ブドウ品種は?」
   ル:「う~んとね、カリニャンだって。カリニャン100%。
もう少し軽いのかと思ったけど、これはしっかりしてるね。」
   ブ:「骨格がしっかりしていて、喉越しにしっかりとしたアルコール感
      が残るね。それに、タンニンも。」クリック御願いします→FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ      ル:「南仏での補助的品種でしかないと思っていたのに、ボディがありしかも複雑味をもったワインに仕上がるんだね。樹齢が古いってのもあるかもね。」
   ブ:「どれくらいなの?」
   ル:「樹齢50年。」
   ブ:「50年!!50年もするとワインに、こんなに複雑さがでるんだね。グラス1杯飲んでもういいやと言うワインじゃないね。」
   ル:「カリニャン種特有の、舌触りにざらつきを感じる事もないし、ボディのしっかりしたワインが好きな方にはおすすめだね。」

30分もすると、アルコール臭も落ち着き南仏のワインらしい黒系ベリーの香りにスパイシーな香りが入り混じる奔放さが前面に出てきました。

ブランの素朴な感想・・・・「変わってる」
スポンサーサイト
[ 2005/07/21 14:46 ] ワイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pandawine.blog16.fc2.com/tb.php/4-f305774d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。